病院にて、翻訳会社のおかげで助かる

一週間前、人間ドックに行ってきました。山王病医院という港区にある病院です。勤務先の近くでしたので。

僕は大腸内視鏡検査が大嫌いです。そう、痔持ちにはこれ、最悪なんです。

というのも大腸内視鏡検査はまず特殊な下剤が入った水を4リットルくらい、何回にも分けて飲んで、排泄物を透明にしないといけないのです。痔持ティーにはこれが苦手。どんどん痔が出て来るのです(^^;

そして、透明になったらナースセンターにコールして迎えにきてもらいます。そして検査室へGO。

横になってお尻だけを出し、楽な姿勢をとって、肛門のまわりにジェルを塗って、内視鏡侵入!!!

ずぶずぶっと入った時、当然痛みを感じますよね。そして狭いカーブを曲がる時とか内視鏡が腸の壁に多少当たるんでしょうか、その都度痛みが!!!!くうぅぅ!!!と目を強くつぶると、看護師の女性がトントンしてくれます(;・∀・)

トントン、トントン。

何をトントンしてくれるかというと肩のあたりをトントンしてくれるのです。これはお母さんが子供を寝かせるときにやるトントンと一緒なんですね。なんだか、気持ちがゆったり落ち着いてきて、痛みを忘れてしまうのです。

検査が終了し、内視鏡が肛門から取り出されます。この時、けっこう痛い!!!痔が出てるのか。。。。

部屋に戻って触診してみると、ビヨーンと牡丹の花のように出てました。

そして部屋に戻ると毛髪が非常に薄くなっている部長からメールが入ってました。君、例の翻訳どうなった?と。

そうです。今開発中の薬品の臨床試験の結果を海外のジャーナルに提出するために翻訳会社に依頼をしていたのです。ジャーナル提出への締め切りは明日!!(・。・;

メールをチェックすると依頼していた翻訳会社から昨日の時点で届いてました(^o^)

さっと見たところ問題ナッシング!!この会社は英文校正もやってくれるのでもう10年ほどの付き合いになります。とりあえずこれで毛髪に問題のある部長からの叱責は回避される!